金利などで優遇されていることの多い公的ローン

マイホームを購入する場合には、とても費用がかかるので住宅ローンやキャッシングローンを利用する場合が多いです。住宅ローンの種類には、大きく分けると公的ローンと民間ローンがあります。そのため、住宅ローンを利用する場合にはまず公的ローンにするか民間ローンにするかを決める必要があります。公的ローンとは、財形住宅融資や自治体融資があります。公的ローンの財形住宅融資は、サラリーマンや公務員などを対象にしている還元融資です。財形住宅融資を利用できる条件は、財形貯蓄を最低一年以上継続して行っていることです。また、貯蓄高が50万円以上ある場合が対象になります。このような財形住宅融資は、財形貯蓄高の10倍まで融資を受けることができます。融資を受けることのできる限度額は、最高で4000万円までです。金利の見直しは、5年ごとです。契約する場合の保証は不要です。また、繰上げ返済をする場合の手数料も無料です。公的ローンは、金利などの面でかなり優遇されている場合が多いです。しかし、融資を受ける場合に物件に厳しい制限を設けていることも多いです。また、融資額の限度額が制限されているので高額な物件を購入する場合に、すべて公的ローンで補うことができない場合もあります。


高額な住宅を購入するかどうかで公的ローンにするか民間ローンにするか検討するのもおすすめです。長期間返済していく住宅ローンの場合には、返済途中で借り換えを行うこともおすすめです。返済している途中で金利が変わることも多いです。借りたときに比べて金利が下がっている場合には借り換えを行うことによって、毎月の返済額が減ったり、返済期間が短縮することができる場合があります。いろいろメリットのある公的ローンでも低い金利のものがある場合には、民間のローンなどに借り換えを検討してみることもおすすめです。借り換えをするためには、諸経費がかかります。諸経費の中で一番金額が大きいものが、保証料です。住宅ローンの返済が滞ったときに保証会社が返済を肩代わりするために必要になるのが保証料です。ほかに事務手数料や印紙税などいろいろな費用が必要になります。そのため、借り換えをおこなった場合に必要な諸経費を含めて、特になるかどうかをしっかり確認することが大切です。借り換えを考えている場合には、銀行などで説明会などを行っている場合もあるので行ってみるのもおすすめです。また、返済のシュミレーションなどで実際にどのような返済になっていくのかがわかるので安心です。